Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le.Mont-Sant-Michel

Posted by さおる。 on 11.2011 絵画 12 comments 0 trackback
  さやえんどう  

 おはな
  お庭のさやえんどうがつるを伸ばしています。新しくデージーのロベアとイベリスが仲間入りです。



前にお世話になった絵画教室の展覧会に行ってきました。
なんとなく行きにくくて、足が遠のいていましたが、皆さんから、お手紙や年賀状、案内状をいただいて
拝見させていただかなくっちゃ~!   とちょっとどきどきして行って来ました。

会場を入ると、懐かしいみんなの絵がずらりと並んでいました。
夏江さんは、白一色の夏の花を優しく描かれて、一利さんは、四国巡りで出会った仏像を。
谷口さんは、お得意のすずめをさらりと。長谷川さんは、野趣あふれる草々を。
真柄さんは、あいかわらずやさしさいっぱいで銀杏の黄色を鮮やかに。

 。。。あの金曜日の午後の静かな教室を おもいだす。
父母と同じくらいの年齢の、絵を描く人々。

いつも、誰かの、テーブルの前にしゃがみこんで、絵を描くその人とお話してた。
教室では、絵を描くよりもだれかの前にいる時間の方が長い。
 
私を、時に子供のように、時に異端児をなだめるように、受け入れてくださったみなさん。
 

。。。絵を見て回るうち、見覚えのある、モンサンミッシェルの前に立った。
  
 「あ。 これ、Iさんの絵だ。」







Iさんは、80近い男性で、とっても、素直でユーモラスがにじむ、雰囲気のある絵を描かれる。
洗礼された上手さはないのだけれど、なんともいえない味わいがあり、見るものを思わず、微笑ませる
ご本人、に似た朴訥としたやさしい絵だ。

そのフランス西海岸の小島にある修道院の絵は、私がいた頃から下絵として、彼のスケッチブックの中に あった。
何度も何度も、下絵を練って、丁寧に仕上がっていく彼の絵。
 
Iさんは、もと大工さんだっただけあって、とっても器用で、ほかにも篆刻や、銀細工、木彫りなども
されていた。
私がお願いするとパネルもつくってくださったし、 篆刻も2つ、デザインされた凝った字体で石を彫って作っ てくださった。


その絵を、懐かしさと心温まる気持ちで、見入っていたら、作者であるIさんが、偶然やってきた。

さ:「わ~~。Iさん。ご無沙汰しています。Iさんの絵だな~って、すぐわかりましたよ。モンサンミッシェル、描いてたよね。」 

I:「うん。 あっ。市長賞おめでとう。よかったね。」

さ:「ありがとう。 ところで、この額、またつくったの?  雰囲気あるね~。」
 
I:[うん~。  でも、もう作れないよ。  こんなんなっちゃったから。」


  ・・・笑顔で、彼がみせた左手は、指が2本しかなかった。親指と小指しか。



   なんで。。って言葉を失った。


   彼の手に自分の手を重ねるしかなかった。

 

I:「去年の、暮れにやっちゃってね。 指はくっついても、使い物にならないって言われたから。」

さ:「痛かった?」
  
I:「うん。痛かった。」

さ:「怖い思いしたね。」



  
  あまりに明らかな喪失感に、それ以上話したら、涙がこぼれておちてしまうところだった。

 


I:「でも、絵は描けるからね。」


さ:「うん。」




  手を重ねたまま、お話を聞く。
一ヶ月入院されて、もとの暮らしに戻られたということだった。
 
失ってしまった3本の指。
大切だった指。 ここまで、よく働いた指。
大きな悲しみを、笑顔を崩さないまま、語ってくれるIさん。

  私の大切な友達。

一回り絵を見て、知り合いの方とお話をして、
最後に、Iさんのところに戻って、肩に手をおいて、
「じゃあね。」って いって別れた。


    Iさん、またあなたの絵をみにいきます。
    わたしもがんばってかくからね。
 



newもゆる





さおるさん、こんにちは。

Iさんの無くしてしまった指、私の父達も一番気を付けている事です。
大工の親戚や知り合いにもたくさん指をとばしてしまった人達がいます。私もよく夢に見てしまうし、怪我をしませんようにといつも願っています。

その無くなった指を重ねる優しさがさおるさんですね。
2011.02.11 17:50 | URL | spoon ride #JyN/eAqk [edit]
そうですか。。spoonさん、夢までみられますか。
職人さんは手が命ですもんね。
おとうさま、ご兄弟も、絶対事故にあわないようにしていただきたいです。

できるからこそ過信してしまうところが危ういところですね。
大きな道具や電動のものは、加齢や疲れのほんの少しの反射神経の狂いで
大きな事故につながります。

手を大切に素晴らしい家具を、生み出してくださいねv-238
2011.02.11 18:13 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
こんにちはです。

さおる。さん・・
またひとつ、込める想いを頂いちゃいましたね。
ホントに 多くの事を体験されるかた だと思います。

ホントに いろんな方々に囲まれているんですね。

そして それを 言葉にすることで
自分を育て ひとをも育む・・。

さおるかたりぬ の扉を開くと・・
不思議と 言葉が 心から 湧き出てきます。
頭ではなく・・ 心から・・。

もっと軽い人間でいようとしてるのになぁ(^.^)。
2011.02.12 11:40 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
こんにちわv-22
ありがとうございます。
ここには、日常で出会う、感激や悲しみ。うれしいこと。
ちゃんと残せたらっておもいます。

その時、その日に、感じたことって、ちゃんと言葉にしておかないと
違う感情に摩り替わってしまうから。

Iさんは、あんまりしゃべらなくて、こっちからそばに寄っていくと
いろいろお話してくれます。

私が郡上で小さな個展を開いた時も、黙っていて急に来てくださるのです。
Iさんに限らず、みんなそんな方たちでした。

皆さんの一枚ずつ仕上げる絵は、皆さんの歴史なんだな~って思います。v-22
2011.02.12 13:45 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
さおるさん、こんにちは^^

農作業で両腕を失くした人、事故で半身不随になった人・・・・
いろんな試練に遭われても、口や足で絵を描く人たち・・・・。

そんな方々の個展や映画や美術館を観て、絵の持つ魅力に
触れたこともありました。絵画って、不思議です。

さおるさんの知人の方も、さおるさんも、絵を通して繋がって
いることが、何か特別な感慨を得ます。失うものと得るもの、
表現されないものと表現されるもの。そこにある大きな穴。
2011.02.12 17:06 | URL | はなさかすーさん #dSgqtt7g [edit]
懐かしい方々に会えてよかったですね。
Iさん辛かったでしょうね。お話出来て良かったですね。
2011.02.12 19:38 | URL | 手帳より #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ。v-280
体の障害だけでなく、絵描きは精神障害を負った人も多いですね。
そこから見えるきらっと光るもの。
凡人には、見る事ができないなにものかを掴み取る力が彼らにはあります。

絵を描くことは、日常を違う角度でのぞきみること。
。。海のそこから、揺らめく太陽を仰ぎ見るように。
自分だけの角膜を通して見つめる世界。

わたしとあなたがつながる世界。

2011.02.12 21:56 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
こんばんわv-354
一番会うべき人に、ちゃんと会えたようです。
教室で2年近くご一緒したみなさんも、私が辞めてしまってから、あえなくなっていました。  何を描いてもかわいい人なんですよ。
2011.02.12 22:13 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
女性ってIさんのような方にでも自然に接することが出来る。
男って何だか臆病なのか、考えすぎるのか、意識し過ぎて自然に接することが出来ない。
自分も読んでいて途中から気持ちが逃げていた。
女性って凄いなぁとホントに思う。と同時に、どうしてひるまないのか不思議。
2011.02.13 02:03 | URL | MASASI #JyN/eAqk [edit]
おはようございます。
言葉がみつからず足跡だけと思いましたが・・・。
素通りできずに書いています。
人と人の繋がりを感じています。
絵で自分の心を表現できること、心の襞は言葉では言い尽くせません。
これからも描き続けてくださいね。
2011.02.13 10:25 | URL | 心海 #JyN/eAqk [edit]
いらっしゃいませ。
彼はちょっと形が変わりましたが、そのことをすっと受け入れているようでした。
そこが、長く生きてきた凄さでしょうか。
私では、ぜったいあのような振る舞いはできません。
怪我や病気で、いろんなことを損なって、人間性自体を変えていく人もいます。
それも、あって当然のようにも思いますが、
何も変わらない、笑顔を見せてくださった彼のことをもっと好きになりました。


 

       
2011.02.13 12:27 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
よんでくださって、ありがとうございます。v-22
彼にあってわたしもショックを受けましたが、「でも絵は描けるから」って、
もう、ご自分の暮らしの設計をしてらっしゃるんですよね。
なんの不自由が無くても、ぼんやりと過ごしている私には、触発される言葉です。
絵は、死ぬまでかけます。
彼のように、描き続けたいと思います。v-22
2011.02.13 12:41 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/88-2b63aff8

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。