Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この空の下で。

Posted by さおる。 on 22.2010 日常 14 comments 0 trackback
昨日のできごと。



さ、今日はおそうじ。  とおもっていたところに、電話が鳴った。

「さおる? わたし。   わかる?」

「・・・・・ 石原?]

[そう。」


「え~~!!!石原~~! どうしてたの??どこにいるの??
 ぜんぜんメールの返事ないから、どうしたかとおもってたんだよ。 え~~っ。なになになに???  日本にいるの??? 太郎は?フランコは??一人??」

と矢次早に聞く私に

「別れたの。」

「え・・・別れた?」  。。。言葉をうしなう私。




「うそだよ~。」・・・彼女の甘えた口調で。

「も~。体調はいいの??  悪くなっちゃったと思って、心配してたんだよ!!!」

「ぜ~んぜん。  調子 わるかったのはパソコンだけ。 

いま、名古屋にいるの。お昼たべよ。」

9年ぶりに聞く、石原の声だった。

車をとばして、彼女へと向かう間に、  また来た。・・と思う。
神様は、こういうタイミングで、私に望む限りのご褒美をくださる。
私が、手をしっかり伸ばした、先に、ちゃんと、プレゼントをのっけてくださるんだ。

それにしても、いきなり 別れたは、ないだろ~。もうほんとに・・・。
毎日あってた、20年前とかわらないじゃない・・・。

待ち合わせ場所の、美術館まで、コートを手にハイヒールで走る。
時間を5分遅れた私の、後に石原が現れた。

遠い国。ベニスから。
車も走らない、石畳のまち。水の満ちると、長靴でかごを持って市場へと歩く
そんな町。 量り売りのワインのボトルをかごに入れ。
 子供たちがよく笑い、その横で恋人同士は抱きあう。学習塾なんて存在しない町。
何百年も、同じ建物が立ち並ぶ町。

そんな町。ベニスから、9年ぶりにやってきた。

髪をアップにして、シンプルなグレーのセーターに、同色のウールのパンツ。
シルバーチョーカーに、おそろいのイヤリング。
鞄とベルトは、ダークレッド。
白黒の軽いコートにグレーのおおぶりのストール。

イタリアの人。イタリアンマダムになった石原。

石原と、こうして、私の描いた絵を見れる偶然。
手をとりあって、館内をあるく。
離れている間に、起こったさまざまな出来事。
重い病気も、家族の中での葛藤も、お互いに通り過ぎた。

あなたと、あえないままに通り過ぎた日々。



バブルの嵐が吹き荒れたころ。
私たちは、よく遊んだ。
彼女の家の山荘に、二人だけで、たくさんの食べ物。ワイン。ビールを持ち込んだ。
そこは誰もいない場所で、そのログハウスで、語りつくし、飲み明かし、酔っ払って
はだしで、飛び出して、走り出したりした私を、石原はあきれてみていた。
ふたりだけのパーテイだった。
なにかの理由で、わたしを慰めてくれたのだと思う。

二人で、バーに繰り出したときも、私が酔っ払って、調子に乗って
でたらめにレディマドンナを、弾き始めて、収拾がつかなくなったとき、
私を席に連れ戻して、見事なショパンを演奏してくれた石原。
お店の中には拍手があふれたね。
覚えている?

イタリアで恋に落ちて、美しい息子を授かった彼女。
その息子。太郎ちゃんのために、ベニスで暮らすことに覚悟を決めた石原。



「潮騒を聴く」を、並んで見る。

イタリアで重い病いを 克服した彼女とこの絵を一緒に見れたこと。
この、偶然がめぐってきたことに、深く感謝をしていた。

こうして、生きて会えたこと。


お昼は、共通の友人である、じゅんちゃんのお店、くまCAFEへ出向く。
一時間くらい話し込んだころ、じゅんちゃんが ヤギと見間違う、スタンダードプードルの
ミニーと、天才プードルゆずを連れてやってきた。

いろんなことを通り過ぎて、こうして向き合う三人の顔に、ビッグスマイルが張り付いている。
凄いと思う。すざましいよ。
みんな、毎日さがすんだ。
自分の生きる場所を。
どんなことがあったって
笑顔を、自分の外側に向けているんだ。
私は、あなたたちが、大好き。


今日、名古屋の空の下で会えたこと。
次の約束は、できないけれど、
またいつか、
「わたし。すぐに来て!。」って呼び出して。

必ず、ビッグスマイル貼り付けて、駆けつけるから。






イタリア式の挨拶は、なれない。
私は、棒になって、体を預けるだけだ。

私を抱きしめて、頬を寄せる石原。
私の右ほほとあなたの右ほほが。
私の左ほほと、あなたの左ほほが。

手を離す、三人の目は潤んでいた。


石原は、振り返らずに、通路の奥に消えていった。






今日は涙を溜めたって
どこかの、空の下で、あなたは笑っている。

この空の下で、私も、笑っているからね。




ゆず












さおるさん、こんにちは^^

人生は「事実は小説より奇なり」なんですね。まるで
一篇の物語を読んでいるようで、ぐっと来ました。
女性も男性と変わらない友愛の形があるんですね。
友愛って言うと何だかフランス革命の標語になっちゃ
いますけど、人生を輝かせるものなんだと改めて感じ
ました。極上の物語をありがとうございます^^
2010.12.22 11:07 | URL | はなさかすーさん #JyN/eAqk [edit]
どうして、こんな筋書きが続いていくの?って私も不思議に思う展開が
時折、現れます。
そして、会うべき時に、友人を私の目の前に運んできてくれた神様に、
感謝します。
何らかの計らいを感じます。
そのくらい、こうして生きていること自体が、不思議なことなんだと思います。
だから、私たちは、むき出しで生きなくてはなりません。
痛くても、うれしくても、かなしくても、
むき出しで生きることが、人と出会うことだとおもいます。
2010.12.22 11:26 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
こんにちはです。

さおる。さん・・
実はけっこう『おちゃめ』なんですね(*^。^*)。
そんなさおる。さんだからこそ、暖かい目で見守ってくれる人々が現れるのでしょうね。
しかも・・こんなタイミングで・・。

さおる。さんは、勇気を・元気をもらっているのでしょうが、
『さおる。さんを包み込むことが、自分の心を暖かくする』
そう想える人々を惹き付けてしまうのがさおる。さんの魅力なんですね。

素敵なことだと思います・・(^_-)-☆。
2010.12.22 14:54 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
偶然とは、人生の必然と隣り合っていると私は思うのですが。
2010.12.22 19:11 | URL | purotoko #- [edit]
昨日はなるさんたちと絵をみて 食事のち友達の店を二軒飲み歩きました
懐かしい人達も加わり 楽しい一夜になりました(^O^)

きのうなるさんと話していて なるさん大和町 今里? だって知りびっくりしました\(☆o☆)/
2010.12.23 10:16 | URL | さおる #- [edit]
そうですね。偶然とは一事では言い切れないことが、おこってくるものですね。
昨日も、古い友人と、待ち合わせしたように、出会いましたv-22
2010.12.23 14:48 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.23 18:14 | | # [edit]
そうです。そうです~~~~~v-237v-237v-237v-237v-237v-237v-237
今も、一回りして、同じ名前です!!
その人が、私が慕う姉御です・・・・。

・・・・ありえないことが。また起こった。。。。。
2010.12.23 20:44 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
ごめんなさい。2度目のコメントいただきましたよね?間違えて、読まないまま、消去してしまったみたい。。。
もいちど、おくってください。  すみませんっv-356
2010.12.23 22:09 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.23 22:17 | | # [edit]
おどろきですね。。。。☆
こんどあったら、報告させてもらいますね。
奥様のほうがおどろかれているのでしょうね・・・v-10
2010.12.23 22:30 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.23 22:40 | | # [edit]
そうですね?
偶然はそう思うことであって
必然なのかもしれません。

運命と宿命があるように。
2010.12.24 15:34 | URL | はくいきしろ~い #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ 起きてくる出来事って不思議です(@_@)
種を蒔けば出るめもあって そこから何かが派生していくのですね
気持ちが動いた時 とりまく世界も形をかえていくような気がします~~~~~

メリークリスマス
2010.12.24 21:49 | URL | さおる。 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/74-8892a59a

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。