Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この古き館にて。

Posted by さおる。 on 11.2016 日常 13 comments 0 trackback


ここは以前病院だった旧い明治時代の建物です。
この二階部分のスペースは 以前は入院室として使われていたそうです。





太陽と水の間で。
そんなタイトルをつけての展覧会を 50日にも渡って開催しています。
夏の盛りの窓辺から 窓の外を見下ろすと
水着姿の若者から 団体の観光客の方々。
明るい日差しに照らされるまま 往来を闊歩されています。

この同じ木枠の窓ガラスを通して
この部屋にいた遥か遠い時の患者さんの瞳は
同じような日差しの夏の八幡を見下ろしていたのでしょうか。。


自分の思いをこうして吉田川のほとりで広げてご覧頂けることの よろこびを感じています。

どこの場所よりも絵や言葉がしっくりと落ち着くような気がします。

郡上八幡では夏は水とともに。。
暑さでも有名な場所となりましたが 水は絶えず流れています。

この水のほとりで季節がかわるまで 絵は佇んでおります。

9月11日まで。


お盆中と週末は私もおりますので
郡上八幡にいらしてください。


心が安らぐ素晴らしい水の町です。




心安らぐ場所で、想い出と共に、今という時の流れを感じて・・。
飾られている子(絵)たちも心地良いことでしょうね(^^♪
2016.08.20 13:53 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
ありがとうございます。中盤を過ぎましたが夏を見送る頃までもう少しつづきます。
そうなんです。絵が詩が喜んでいるようです。薄暗い光の中でいきづいているようです。
絵も言葉も私も先に住み着いている幽霊も なかよくすごす昼下がりです。
窓から見下ろす景色を見て 今が1秒ごとに塗り替えられてくのを感じています。
2016.08.23 14:56 | URL | さおる。 #TEiPOCfc [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.09.18 14:46 | | # [edit]
絵は見るものでなく 一緒に生きるもの。。
確かに。絵は私そのもので。そのときの感情で。
k様の心にもそのまま届いたのでしょうか。。。

。。きゃあ!!k様!お会いできながったのでしょうか?!
私がいない時にきてくださったのでしょうか。。!!!?
ありがとうございます。そして留守にしていて失礼しました。
夏の郡上八幡まで訪ねてくださり感激です。
。。。おあいしたかったなぁ。。
絵と言葉は私のようなものですが
やっぱりk様にお目にかかりたかったです。。
あの場所は絵のゆりかごの様な場所。
色んな人の縁が時間を超えて交差する特別なポイントのような場所でした。

あそこに佇んでくださったのですね。
ありがとうございました。
2016.09.19 23:41 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.09.20 20:51 | | # [edit]
白い花が艶々と咲いてお月様と張り合っていますね。
秋の夜長はいいですね。。。

縫い物をされてる姿が目に浮かんで懐かしいような切ないような気持ちになりました。あまり哀しまないで下さいね。
世の中は混沌としているけれど
抱き合った彼女はもう悲しんでいなかったですよ。

彼岸花さんの指先は なにを生み出すのかな。。。
またおしえてくださいね。
2016.09.21 18:33 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
こちらでは初めまして。
今年の夏、8月の初めだったと思いますが、郡上八幡で夫婦でそちらに伺いました。郡上おどりを熱く語っていた夫(てらさんというハンドルネームを持っていて、ブログとHPを持っていると言っていたと思いますが・・・)の近くで腰掛けて休んでいた妻(あの時はあまり喋れなくてすみませんでした)です。覚えていらっしゃいますでしょうか。
あの時はわざわざトイレに案内してくださり、絵本もいただいてありがとうございました。白猫と女の子の話が優しくていいなあと、わたしもこんな心温まるお話を書けるようになろうと思います。
絵を拝見して、特に女性の絵にさおるさんの情熱がこもっているなと感じました。自分自身を描くときが、一番心が入るものなのでしょうか。

あの時は、絵を持っておらずお見せしたくてもできなくて申し訳ありませんでしたが、わたしもFC2ブログを持っておりまして、そこやpixivというイラスト投稿サイトにイラストをUPしていますので、もしよろしかったらご覧くださいませ。FC2ブログへリンクを貼っておきますね。

文章は苦手なので伝わりにくいところがあったらすみません。
それではまた遊びに来たいと思います。よろしくお願いします。
2016.09.21 22:22 | URL | 愛宕さくら #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。
暑く もえる八幡の夏を通り過ぎ 彼岸花の咲き乱れる季節になりましたね。
あの楽芸館の二階ギャラリーまで足をお運びいただきましてありがとうございました。
もちろんはっきり覚えていますよ!
まさかご夫婦とはおもえない さくらさんの初々しさを。
水 という詩を読んで胸を詰まらせていた様子を。
覚えています。
川の流れをききながらの八幡での暮らし。
わたし以上に郡上八幡を体感された事だとおもいます。

わたしも最後の踊り納めは提灯のあとを練り歩き
八幡での夏の締めくくりができました。

さくらさんのブログで
絵をはいけんしました。あなたのような 神秘性を持った絵ですね。。

巡りきた新しい季節にも染まるようにお過ごしください。

ご主人様にもよろしくお伝えください。
2016.09.24 14:05 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
うわあ〜ありがとうございます!覚えていてくださったのですね〜
イラストのご感想もいただけて・・・感謝です!
でもまだ未熟ですが、心の赴くままに、好きなものを好きなだけ描こうと思っています。

いきなりですみませんが実は、夫が「僕の絵を描いてもらいたいのでまたお会いしたい」と言っています。
郡上に滞在していた時に、さおるさんにお会いした後日、夫はそう思って何度もそちらを訪れたのですが、かなり忙しくてなかなか時間や日にちがうまく合わなかったんですよ〜。。
そういえば、確か「また来ますね」と言って都合のいい日にちをお聞きしたのだけど結局その日は来れなかったんですよね・・・すみません!
そういうわけで、どうか会わせてあげてくださいませ^^
2016.10.06 22:24 | URL | 愛宕さくら #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.15 14:52 | | # [edit]
秋のさくらさんは どんなさくらさんかな。
はい。 是非ご主人さま。さくらさんとお会いしたいです。
よろしくお願いします。
2016.10.23 21:33 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
リンドグレーンと少女サラ
わたしも見つけてみます。
長い手紙をありがとう。
わたしから見たらあなたは凄い。
会いに来てくれたのはあなたの方。

最初はよく知っているけどあったことのない私に。
2度目は あえないあなたを勝手に心配していた私に
何も言わずにたくさんの笑顔で。
ハローハグハグ。。。

私に会うときはドギマギもしないなら凄くうれしい!
この前はハッピーハグハグだったけど
内心 じんわりこころの中は溶け出していました。

あなたの孤独なまでの感受性が たくさんの戸惑いや悲しさが
世に言う一般的な人としての葛藤としてしまえるような気がして。。

私はあなたより5年余計に生きたから。自分の葛藤もそう世の中に滲んでいく感覚を覚えて安堵したから。。。
つまり よくあること と思えるようになって開放されたから。
あなたのハローハグハグは 目を見張るようで
私の心もとけだしたのです。

うれしかった。

またあおうね。 らぶ。
2016.10.23 21:55 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
お返事ありがとうございます^^

10月24日に、郡上に行ってきました。秋は寒いですね。夏の暑さが嘘のような冷え込み@@;でも空気は美味しくて木々の香りまでしました。やっぱり良いところですね^^^

お会いしたいとのこと、嬉しいです!
早速夫と共にスケジュールの確認をしました。
早ければ早いほど良いのですが、この日が空いています。
10/28
11/1 , 2 , 4 , 7〜9 , 11 , 14〜18
それでは、よろしくお願いいたします。
2016.10.27 16:29 | URL | 愛宕さくら #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/218-072504e1

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。