Loading…
 

梅雨空の下にて

Posted by さおる。 on 23.2016 日常 4 comments 0 trackback
20160623194626085.jpeg




夏至を迎えて、夏来たりなり。


何度も何度も くりかえす夏。

今年は水が少ないと思っていても、目覚める時はざあざあ雨。

晴れたと思ったら、薄曇り。そう思ったらパラパラ雨が降ってきた。

流石 梅雨。 と思ったら

雲は行き過ぎ 明るくなった空に 陽を浴びた細かな雨。


おお。 狐の嫁入りですか。。


梅雨時の空は、私の心の空模様のよう。。


いつも 混乱している。




20160623194625b47.jpeg



憧れの 朴の花の香りに 一晩中 浸ってみた。

原始の時代から生き続ける 逞しい植物。

その香りは 一言でいえば、スリリンングな香り。

甘く鋭くむせかえるほどの 芳香。

生命をつなぐために 虫や鳥を呼び寄せる香り。


至福の香り。




20160623194624b85.jpeg


夏になりましたので、朝歩きを再開しました。

今年初めての 蓮が 咲いていました。


2016062319462901f.jpeg


夏はメダカさんとともに。


今年の庭は優秀です。 お花が綺麗にさいてます。

葡萄も檸檬も実を結んで。。。

芽出しをした蓮も伸びやかに葉を揺らし。。。

たくさんのメダカたちはすいすいと。。。。



幸せな庭です。

さおるさん。ご無沙汰しています。

足跡見つけて飛んできた!^^

わ~♪ 朴の花だ~~~!
私にとっても朴の木と泰山木は憧れの木です。
お庭にあるの?いいなあ!
蓮の花も美しい~
まさに天上の花、という感じですね。

朴の花のいい香り、画面から想像しますね。^^

私は、小さいけれど、庭のくちなしを一輪ずつ摘んで、小さな
花瓶に挿して香りを楽しんでいます。
変わった百合の花も咲いてるよ。^^
『ムスカデット』というのかな、オリエンタルリリーの仲間ですが
白百合に濃い紫色の小さな斑点があります。^^
楚々として、でもあでやか。

さおるさん。行き来はしなくても、いつもいつまでも、
あなたと手帳さんは、わたしの大事なともだち。^^

2016.06.29 12:00 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
わーい。ーおひさしぶりです。
お越しいただきありがとうございます。

しとしとジトジトの梅雨空ですが、植物は一番背伸びをして、葉を広げ、緑を鮮やかにしてのびのびとしていますね。
朴の花は木がかなりおおきくならないとつかないので、あこがれだけで見上げていましたが 谷底から生えて手の届くところに咲いた一輪を見つけて山の中から失敬してきました。
ずっとどんな香りなのかと思い続けていたので、至福の一夜となりました。

泰山木。ーマグノリアも近くで香りを確認したいです。
クチナシの木は葉が全部落ちてしまって枯れてしまったのかと案じましたが
白い花を咲かせています。パウダリーなこのかおり。
装ってでかける女性のようですね。。。

ドクダミの花もしずかな佇まいをみせてくれています。

今年の庭は綺麗なので次には庭をアップしたいです。
2016.06.29 20:02 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.03 18:01 | | # [edit]
見てくださってありがとうございます。
この葉は枇杷です。吉田川のほとりに自生していました。
水が廻るのはいいですね。
流れ去ること。
全てが流されて変わっていくこと。
そこにいて笑っていること。
生きていること。ーを感じています。

この建物は明治時代にたてられた林医院を保存んしたものです
歴史資料館となっていますにで、
当時の診察室にレントゲン室、入院施設とそのままの佇まいで息づいています。

その二階のスペースで私の世界を開かせていただきます。

貴重な時間になりそうです。
2016.07.05 13:20 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/216-2543c45e

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR