Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のお父さん。

Posted by さおる。 on 24.2014 日常 20 comments 0 trackback
20141124013713246.jpg





私のお父さんが亡くなってしまった。
お彼岸のさなか。
暑くも寒くもない好い季節にあの世に行かれたねと。
そう言われて


これからは、お父さんの誕生日を待つのではなくて
この秋の日を毎年迎えるのだと思う。


黄金に実る稲がたなびく田の縁に、秋桜が同じようなびいている。



10年に渡る闘病の日々の中で、お父さんの毎日は淡々と続き、
その苦しみは耐えるものではなく、与えられ受け止められて、
その中での日常を当たり前のようにお父さんは
生きてきた。



こぼれ陽をあびて時折輝く木々の葉のように、
笑顏をみせてくれた。



幸せな時間が早く過ぎて行ってしまう。



それだけが悲しいと、お父さんは私にそう言ったんだ。


20141124013259907.jpg



お父さんの体の形を覚えてしまったよ。この手が。

幼かった私の冷たく冷え切った手を足を、自分の熱で温めてくれたね。 いつだって。

お父さんは小さく細くなって私に身を預けてくれた。
お父さんは大人しくしていたけど、私が体をさすると、ここも。あそこも。と続くようになったね。
もう、喋れんし。えらいだけや。と一言だけ小さく言って。



熱を持った体を後ろから支えて、そっとその背中に頭をくっつけたんだ。

私のお父さん。って心で呟いてじっとしていた。
死を目前にした父に私も甘えてみたんだ。

やせほそった背中は私を肩車したおんなじ背中。




西陽の差し込む部屋に、昼過ぎに川沿いを自転車で走ってとってきた、
コスモスとススキが飾ってあって


疲れきった母は、隣の部屋でねむっていて。
お父さん。お母さんが起きるまでそっとしておこうねって二人で静かにしていたね。






母が目覚めて離れを覗いた時はお父さんは点滴のせいか薄い眠りに入っていて、
ベッドに並んで寝ていて
指を当ててシイってした私に、母は頷いて小さな紙切れを置いて出て行った。





目覚めて、ほんの少ししか見えなくなった視野のなかで、文字を追ったお父さんは

妙子は安心していってまったな。って言った。




畑で白菜をすぐってきます。すぐ帰ります

と読んでくれた。







その窓越しに、庭の灯篭のまえに重ねて置いた。まあるい石の雪だるまがいたね。

苦しみと休息の中で。

二人で見ていた小さなのせかいだったね。




20141124021759ef6.jpg



お父さんは、ピアノを弾いたり、バイオリンも昔弾いていたり、絵も時々描いたりするし、横笛も上手に吹くし
なんでもできるね。って言ったら

なんでも中途半端だからなんにもものにならんのや。
なんて言ってた。


お父さんは大きな声でものを言ったりしないけど、心に残る言葉をくれるんだ。

なくなる二日前に ふうが悪いから。って髭を剃りたいっていって
私が剃刀を探して来た時には、もう電動髭剃りを持ってきて、上がらない手で自分で整えようとしていたね。


するべきことと、できないことは、関係なくていつだって、なんだって人の10倍の時間をかけてやり終えたお父さん。


パーキンソン病を患いながらも最後まで自分の足で歩き、
大きい病院に行ったら、いい治療ができるかもしれないよ。と言っても

何年も往診できてくださる先生に悪いから、そんなことを言うなよ。といって
先生が大好きで信頼を寄せていたお父さん。




最後に別れた日は、
ベッドの上に座っていて、ぎこちなく頭を下げて、ありがとう。
と言ってくれた。



お父さんはもう息をしていないけど、髭は伸びてきたから
ちゃんと剃ってあげたよ。




大勢の人がきて、ふうが悪いのはいやだよね。 お父さん。



20141124013257f32.jpg



49日の法要を終え、自宅に落ち着いて。

風鈴を外して、冬の花を植える。



お父さんの鼓動が皮膚ごしに伝わっていた、あの暑い夏を通り過ぎて

10月を失って、秋の終わりに辿り着いた。




目の覚めるような秋は。
凍てつく冬の前に訪れる。



お父さんの人生を祝福するかのように、郡上の山々はいっきに色づき、
そして、はらはらと散る。



20141124013258727.jpg





今年も黄金の実がたわわにみのる。

この檸檬にも命をみる。

両手一杯の命。




父の形を覚えたこの手でまあるい黄金の果実を受け止める。


http://youtu.be/3nLKXxzVqTY

こんばんは。
なぐさめの言葉をいただきましてありがとうございました。
今日のような重く冷たい雨が音を立てて降る日は。
静かに父のことを思いおこして。
いい一日になりました。
あたりまえの事なんだけど。
私をこの世に送り出してくれた父は先に逝くのですね。
自分の中に父の命があるのですね。
2014.11.26 01:18 | URL | さおる。 #PkDNMoVI [edit]
何処へいかれますか?
さみしいですよ。
帰ってきてください。
美しいお姉様
2014.11.26 01:20 | URL | さおる。 #- [edit]
「私のお父さん」O mio babbino caro
(プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」 ラウレッタのアリア)
が聞こえてくるようです。

お父様との豊かな時間を共有された幸せのおこぼれをいただいた、
そんな気がします。
2014.11.26 08:44 | URL | 宝香 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.26 08:52 | | # [edit]
さおる。さん・・
さおる。さん・・

さおる。さんの心のままに・・
お父様をお見送りされたのですね。

お父様も満たされた心で旅立たれたことだと思います。
2014.11.26 18:10 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
お久しぶりです。
今年の夏は、こんな平穏な日々が延々と続くかと思いましたが、何かににみこまれるような毎日に突入していました。
父も空に昇り、また少しづつ日常が舞い戻ってきました。
もうすぐ雪の季節になりますね。
2014.11.26 18:40 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
ラウレッタのアリア聴きました。
歌詞が身近にかんじられました。
またおあいできて、とってもうれしいです。
これからもそちらの世界にお邪魔されていただきます。
2014.11.26 18:44 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.26 23:51 | | # [edit]
とっても大切なお父さんを亡くされたんですね。。

言葉がみつかりませんが、お悔やみ申し上げます。
2014.11.30 18:49 | URL | kazu  #JyN/eAqk [edit]
ありがとうございます。
お父さんは静かでさりげないひとだったのでいなくなってしまったということが未だにのみこめないままです。 大好きなきもちを送り続けます。
2014.11.30 23:03 | URL | さおる。 #- [edit]
さおるさん。
こんばんは。

しばらく静かにお父様との日々を思い返すお時間が必要でいらっしゃるかなと、思っていました。
喪失の悲しみは、じわじわとまた、すぐ後とは別な形でこころを襲うもの。
もう一度抱きしめたい!と思う強烈な喪失感から、空虚な…胸に穴のあいたようなすうすうする悲しみに代わるものではないでしょうか…

…それが、時と共に、いつしか甘い追憶になるとき…

亡くなったお方は、本当に、風や雲や、蝶や、星や光や…
ときには気どられぬほどのささやかな気配となって、
再び戻ってきてくれるのですよね…^^

千の風になって…
あの歌は、ほんとうに、ほんとうだなあ、とときどき思います…

お悲しみは消えないだろうけれど、お父様とさおるさんのね、幼い頃からの日々を想像すると、本当に幸せな父と娘でいらしたのだろうなあ…と思いますよ。お別れが近づいたころの日々までもがね。

それは、ざらにありそうでいて、実は希有のこと、という気がします。
(親子でも、感情の行き違いや、誤解や、無駄な意地や…そんなものが
どれほど人間と人間としての関係を傷つけることが多いか…
想いはあっても近くにいられない、ということもありますし。)

きっとね、それはね、双方が、心が綺麗な人々にしか与えられない幸せ、なんじゃないかなって、あたし、思うんですよ。
お父様もさおるさんも。そういう方たちなんだ。

季節の移り変わりは、いつもさみしいこころに優しいですね。^^
冬には冬の…お父様との思い出を…抱きしめることが出来ますね。^^


2014.12.02 21:13 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
こんばんは。
心が温かくなるコメントをありがとうございます。
人が死ぬ時。消えてしまったんだって、いつも感じます。
探しても探してもこの手をくぐり抜けるだけで、もうなんの実態もない。。

でも、たくさんの人との別れをくりかして、巡り会うという奇跡もあれば今生にいながらにして二度と会えない別れをする人もいる。
会えないことが辛くて、いっそ死んでくれたらとおもったこともある。

生きながらして消えていく人もいれば、体がなくなってもいつまでもそばにいてくれる人もいる。

私のお父さんは、何もかもをゆるして、いつでもそばにいてくれる。
そう感じています。
私の中の半分はお父さんなんだと思います。

お父さんは死んで、私はもうなにも怖いものがなくなった。
私は私であるだけだっていまおもいます。
2014.12.04 00:04 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
私たち家族を、一度も泣かせたことがなかった父が
私たちをいっぱい泣かせたんだよ。
ただそばにいて静かだった父。
私が酔っ払って、良い名前をお父さんにもらって幸せです〜なんて即興詩人になって踊って見せたりした時は、、、今日は何て日なんや。。ちょっと困って嬉しそうだった。
二年おきくらいにもうだめかって時があったのに、不死鳥のように蘇り
自己流の体操をして、腕立て伏せまでして私を仰天させてくれた父。

その度に感激を与えてくれたね。
今年の夏からの苦しみを私は少しは分け与えてもらえたのだろうか。。。

父はおぼっちゃまで、乳母車に乗せられてお煎餅を食べているそのまんまの笑顔で、世間の風の中を変わらず生きて、私たちをこの世に送り出してくれたんだ。

お父さんの心はいつでも清らかだった。
冬の日も晴れた日も。お父さんのよろこびがみちている。
2014.12.08 10:22 | URL | お名前 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.01.06 00:27 | | # [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.04.06 23:36 | | # [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.20 10:13 | | # [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.20 20:55 | | # [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.21 00:26 | | # [edit]
メッセージありがとうございます。
お誕生日覚えていてくださったんですね。
恐縮。そしてとてもうれしいです。
ありがとうございます。
そう。
そうして一年が過ぎ。
また新しい出来事に心踊らされる翠の季節になりました。ー
絵を描いています。
ここにもまた新しい言葉を綴ろうとおもいます。
2015.05.04 01:39 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
また信じられないように花が咲き。みどりの萌える季節になりましたね。
私と、ミロと、ルドンとヒットラーの誕生日を覚えててくれてありがとうございます。
長く生きてきて未だときめきを感じられるのは幸せの極みとかんじています。
どくだみの葉にまるくひかる朝露に。
夕闇に映えるもっこう薔薇の白さに。。。

またここに自分を記して行きたいとおもっています。
彼岸花さんと手をつなぐ場所。

あしたは霧雨の一日になりそうです。。、
2015.05.04 01:55 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/207-132aa174

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。