Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていて出会えたこと

Posted by さおる。 on 23.2013 絵画 6 comments 0 trackback
私の日本画展が、たくさんの方々の愛情に包まれて、素晴らしい五日間となったことを深く感謝いたします。





image_20130823010331266.jpg




伊藤くんと、最後にあったのは二年生の夏。19だったと思う。
いつものように、笑顔でじゃあねって、別れたきりなんだ。。。



4年ぶり。二度目になる展覧会のお知らせを出すのに、昔の手帳まで引っ張り出しているうちに、古い手紙や日記帳に埋もれて時間を忘れていた。
ふと思いついて一年ほど前から始めたfacebookに、覚えのある名前を打ち込んでみた。

イトウヨシズミ

あの華奢な体に、飄々とした雰囲気。風のように現れて気づけばもう、バイクに乗ってどこへやら。。。
あの頃の伊藤くんは、バンド活動に、バイクのレース。学校は仮の居場所だったように思う。

私たちはだいたい5〜6人の、仲良しのグループでいつもかもつるんでいた。
行き先がわからない始まったばかりの季節の中で、小さな不安や日々のトキメキを誰かが持ち込んで、何気なく
共有していた。






「伊藤が事故した。」
って聞いたのは、笑顔の余韻が残ったままのあくる日だった。

あれから30年。私は彼の居ない日常にするりと入り込み、ここまで生きてきてしまった。


facebookのページから現れたのは、間違いなく伊藤くんだった。
一瞬息を止めて現れたクラシックカーを、凝視する。

描いてたんだ。。。足元から涙が満ちてきて、胸までを埋めて行く。
伊藤くん。ここに居たんだね。


彼はバイクの事故で頚椎を損傷して、あの日以来全身麻痺となり、今は施設で生活を送っている。
唯一動く片腕で、パソコンを使いこなして、雰囲気のあるクラシックカーやバイクの絵を主に描いている。

目の前にあるのはパソコンなのに、ドギマギしながら長いメッセージを書く。
私が、あの時別れたさおる。であることを告げる。

そのあと少しして、友達承認はしてくれたもの、何度覗いてもメッセージの返信はなく、
私と気づいてくれたんだけれど、深く関わりたくないのかな。。。。

とか、あれこれと勝手に解釈して伊藤くんのページを読ませていただいていた。



image_20130823003055203.jpg
クリックしてください


僕はここ30年、夜空を見た事が有りません。
事故するまでは夜空をボーっとして眺めるのが好きで、よく望遠鏡に一眼レフのカメラを付けて星の写真を撮ったり。
僕が小学校の頃は夜が
漆黒の様な闇で、本当に黒の世界でした。
しかし、段々と周りに色々な物が建つ様になり、夜空は明るくなってしまいました。
昔は星が降る様なと言う表現が出来る程の星空だったんだけど。
発展しないのも一つのあり方だよなぁと思います。






30年という時間をおもう。
あれから、伊藤くんは、自分のなかを旅してきたのだとおもう。




空を見上げる人も、見上げない人も、人は心の中に宇宙を抱いているのですね。





ごめん。伊藤くん、かっこよすぎるかな。このコメント。でも私そう感じるんだもん。
あなたが、わたしをわたしと認識してなくても。。。。


とある日はこんな絵に、目が止まったんだ。



image_20130823003053286.jpgクリックしてください

名前は、 「 崩壊そして、再生」


また一言だけのこしたよ。



美は乱調にあり。砕け散る姿もまた美し。





このコメントを読んで最初にコンタクトをとってから一月以上経ったある日、伊藤くんは私のページをようやく訪ねてくれたらしい。。。

そして、私が私であることに気づいてくれた。





さおるちゃんだったんですか!!僕もfacebookの使い方がイマイチわからず、メッセージにきづきませんでした。
さおるちゃん、超お久しぶりですね。実は僕もさおるちゃんのこと探していたんですよ。
でも、苗字が変わっていたのか検索に引っ掛からなくて。
本当に懐かしいですね。
僕が事故を起こした時、さおるちゃんからお手紙頂いたんです。
でもお返事できずごめんなさいね。
僕の作品に素敵なコメントをありがとうございました。
今日、親父がきていて、親父に、「いい絵を描く人が居るんだよ」と教えていたところでした。
まさか、あのさおるちゃんだとは、気づきませんでした。






あああああ。。。。感激。涙。

私のこと思い出せないのかなって思って、図々しいことしちゃったかなって思ってました。
良かった〜 おぼえててくれて。。。。
当時は、お見舞いにも行けず、そのままになってしまってごめんなさい。

でも精力的に大好きな車を描かれている様子を知ることができて、ずごくうれしかった。
いつも、伊藤くんの絵が見られて嬉しいです。
私の絵は好き勝手な絵ですが、今年の夏に個展をします。



こんばんは!
さおるちゃん、お手紙ありがとう。facebookでさおるちゃんと気づかずごめんね。
もし、さおるちゃんが僕の作品に素敵なコメントをいれてくれなかったら、気づかずにいたと思います。
さおるちゃんと分かった時、「マジかよ~」とおもいました。
僕のことは覚えてないよな〜と思ってたし、それくらいの嬉しさと驚きでした!

さおるちゃんとの事は何故か鮮明に覚えています。
楽器屋でビートルズのイエスタディーをピアノで弾いてくれた事。
皆で飲みに行って、千鳥足のさおるちゃんを、かかえて歩いたこと。
夜に河合楽器のネオンの曲を当てるよってさおるちゃんが言った事。
あと、おせっかいにさおるちゃんに忠告したこと。。。



いろんなことがあって、30年長かった。
やっとさおるちゃんに会えた亜美ちゃんにも
これからは違う世界が広がりそうだよね。

さおるちゃん、ありがとう。

イトウヨシズミ








こんばんは☆
伊藤くんは色々覚えててくれるんだね。

あの頃の伊藤くんは学校の外の世界に興味が行っている感じがあって
そんなに私の事を覚えててくれるのが不思議な感じです。
あの華奢な伊藤くんにささえてもらって歩いた夜があったんだね。
忠告は私生活に関してかな。
たぶん素直に従わなかったかもね。
今日は、今から実家にいきます。
伊藤くんのいる場所を、過ぎて行くけれど今度は、一人で会いにいくね。
昨日の芥子の絵に岩絵の具の水色をかけてみたよ。





こんばんは!へんじありがとう。

そういえば、ほとんど学校行ってなかったな。。。
バイクのレーシングチームにスカウトされたりバンドでスカウトされたりでさ。。
まあ、バンド命だったから。。
忠告は、まああれだけど、いまは素敵な家族がいて幸せそうで良かった〜!
絵だけど、すごく水の感じがでてきたね!
深みもでてるし。
親父が個展にお邪魔するので、よろしくお願いします!
さおるちゃんとさおるちゃんの作品を写真に撮って来てと頼んでおきました。

長身のじい様が居たら、親父なので(笑)
僕は毎日暇にしてるのでいつでも遊びに来てね!




image_2013082301033388a.jpg




ギャラリーにいくと、華やかなお花が届けられた。
お名前がないので、とどけてくれた方にきくと、匿名ということですが。。。と言いながら伝票を見せてくれた。
伊藤くんだった。

簡単にお出かけ出来ない彼の変わりに、五日間の間香しい香りが会場を満たしていてくれた。

同じく初日に現れた長身の紳士は、何も声を掛けるでもなくまっすぐに絵を観てくださっている。
ダンディーな身のこなしに思慮深い眼差し。
すぐに以前画家だったという
伊藤くんのお父様だと気づいたけれど、ひととおり見られてから声を掛けた。


ほころぶ笑顔。 ゆったりとした物腰。
本格的な機材を持ち込みくまなく、会場と、作品の写真、そして私を撮影してくださった。
素敵なお父様だった。
伊藤くんに届けられる写真。





あれから。
あれから、長い時間が流れて、こうして出会えたね。

あの時の笑顔と一緒だね。
あの時笑って別れた伊藤くんに、また同じ笑顔で会えたんだ。
あの、痩せっぽっちで身軽な雰囲気のあなたが、とても大きな心を持つ人になったんだなって。

これからは又は同じ 時間の流れの中を生きて行くんだ。





お父様、ありがとうございました。
そして、伊藤くん。そろそろ突撃するから待っててね。





image_20130823034042c45.jpg


個展報告次回に続きます〜

彼に、彼の絵に会いたい人は、 伊藤佳純 まで。

まだ若かった頃には気付かなかった事・・
今(46才)だから分かる事のひとつに『繋がり』というワードがあります。
日々、もしくは定期的に顔を合わせる・言葉を交わす・・。
その事(相手)だけが繋がりのある相手だと若い頃には思っていましたが、
そこそこ長い年月を経過した今になって、それとは違う繋がりがあることに気付かされたりします。
だから今は時の流れの中に居ることを嬉しく感じます。

伊藤さんの作品から感じる世界は・・
心の中から溢れ出してくるものに満たされてて・・
そして、希望に満ち満ちていて・・。
『心に響くって こういうことなんだなぁ・・』と感じさせられました。

個展、お疲れさまでした。
何かに導かれての5日間、引き寄せた5日間。
そしてまた、始まりの5日間になったのかもしれませんね♪
2013.08.23 18:51 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
ありがとうございます。
いつも、私が書こうと思った世界を、ちゃんと感じ取ってくださるんですね。
彼との出会いは、とても大切な出来事になりました。
人との出会いは、与えられるように、今は感じています。
五日間の時間を通して感じたことは、あいにきてくださる方々。
偶然足をとめて詩に涙ぐんでくださる方。

会場で久しぶりにであって思い出話を始める方々。
大勢の人が行き交う会場に、吹き溜まって手は、流れて行く優しい感情。
そして、何より清らかな笑顔なのでした。

絵が主役であるべきその場所で、色とりどりの人の心に、気持ちを奪われたままの
五日間でした。

続編は、そんな皆様のこと。そして私の絵の事にも触れたいと思います。
いつも、いつも、ありがとう。
2013.08.23 21:42 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
人はどこかで繋がっているものですね。

こうやってみると、電脳の世界も現実の世界も境はないのかもしれません。

素晴らしい再開!
2013.08.26 04:34 | URL | takako.t.maru #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.27 12:33 | | # [edit]
こんばんは。
彼との出会いは、私の心の世界をまた広げてくれました。
いまは、Skypeでも、FaceTimeでも、顔を見てお話できるので、絵を描きながら、
何時間も話したりしてます。
彼が当時の私たちのことをつらつらと語ってくれること。
お互いの野望について語り合うこと。
お話はきりがありません。
木曜日はリアルな伊藤くんにようやく会えます。
2013.08.27 21:14 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.28 00:00 | | # [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/194-f6b23aae

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。