Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤドカリ

Posted by さおる。 on 11.2012 6 comments 1 trackback









明るく煌めいたものは何もなかった。

ぼくは暗い夜の波打ち際で漂う砂粒ほどのヤドカリだった。

潮の満ち引きと一緒にあっちへ行ったりこっちへ来たりするだけの生き物だった。

ぼくはとても美しい貝殻の中に住んでいた。

華やかなブルーの貝殻は本当のぼくを隠してくれた。

透けてしまいそうなほど何にもない心をだれも見抜くことは出来なかった。



ある夜、暗い夜空に満月が広がって行く。

月明かりに照らされた波打ち際には美しい小さな生き物が見える。

ぼくの貝殻がだんだん透明になって、水の中に溶け込んでいく。

ずっと続くて思っていた夜があけはじめる。

美しい生き物はぼくの腕に抱かれる。

永遠に。

温かくも寂しい唄。

自分の存在の意味が解らずに
ジレンマの海で もがいていた幼少期を思い出しました。

久しぶりに聴いた さおる。さんの唄。
でも、なにかあったんですか? 寂しすぎるよ。
2012.05.11 17:38 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ。
寂しかった?
美しい貝殻を背負ったヤドカリは、誰からも幸せそうに見えていても
心の中はさみしかったんだ。

その貝殻を纏っていれば、ときに貝殻をもっと立派なものに替えたら、
時間はすぎていったんだ。
もう少しで、美しい殻自体を自分だと思い込むところだった。

でも、これからヤドカリは本当の姿で生きて行くんだ。
自分の姿を曝け出して。
だからこれは、希望の唄なんだよ。
2012.05.11 19:17 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
ほんと、美しいけれど何かせつないお話ですね。

月明かりの中の美しい生きものは、月に懐胎させられた溜め息が
一つ一つ小さな生きものを生んで、その月のおとしごたちが波打ち際に
打ち寄せられたものかな。
透明になったヤドカリは、やさしい心をしていたので、その足で
溜め息たちを抱きしめてあげる…

もうどちらも寂しかないかな。
素のこころと心で抱きしめあってるから…

こんなの見っけ。
今晩のおくりもの。^^

http://i.imgur.com/AQcPh.jpg


2012.05.12 21:20 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
これは人間の生き方を解いているようなきがします。夫婦であっても、自分を見つめれば一人の人間でありせつなく寂しく孤独なのです。
2012.05.12 21:35 | URL | purotoko #- [edit]
わーい。彼岸花さんだ~\(^o^)/

嬉しいっ🎵🎵
素敵なプレゼントをありがとうございます。
透明の貝殻をもったヤドカリ。
本当にいたんですね。

ヤドカリって不思議ないきものですよね。

前にちょっと飼ったことあったけど、
美しい貝殻を背負えば、美しくみえて、大きな貝殻を背負えば
大きく見えて。

本当のヤドカリは、とっても小さくて美しくもないのに。

いつでも貝殻に守られていたヤドカリは、初めて誰かを抱きしめる。
それが、月が産み落とした溜息の結晶なんて、素敵ですね。

ヤドカリは幸せに満ちているんだ。
美しい貝殻は溶けてなくなっても。

自分の心をみつけたから。
もう、さみしくないね。



思わず、お声が聞けてうれしかったです。
訪ねてくださってありがとうございました。

2012.05.13 00:21 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ。
私も、ヤドカリは人に似てるって思いました。
人が背負ってるものは、体面とか、役割とか、でしょうか…
どんな貝殻を背負って生きる運命でも、
自分が、小さなヤドカリだって識ってる人は、
自分を生きて行くことができると思います。
2012.05.13 00:32 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/161-d5b932b8
明るく煌めいたものは何もなかった。 ぼくは暗い夜の波打ち際で漂う砂粒ほどのヤドカリだった。 潮の満ち引きと一緒にあっちへ行ったりこっちへ来たりするだけの生き物だった。 ぼくはとても美しい貝殻の中に住んでいた。 華やかなブ...
2012.05.11 22:17 まとめwoネタ速neo

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。