Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きとしいけるもの。

Posted by さおる。 on 14.2012 日常 20 comments 0 trackback
ちち




こんなに幸せな時が、早く過ぎていってしまう。それだけが悲しい。

そう父は言った。


ほんとだね。お父さん、すべては過ぎて行くんだね。



わるいな。さおる。疲れるやろ。我ながら先が思いやられるわい。ありがとう。

私がいる時はいつだって、マッサージしてあげるからね。

お父さんを楽にしてください。そう願いながらうつ伏せた背中を押す。




実家からの帰り道を運転しながら、何度も父と通ったこの道を走りながら、とめどなく流れる出す思い。

父との時間。

その頃はまだ賑やかだった岐阜の問屋街を、小さな店子が密集する入り組んだ路地を
お客さんから頼まれた洋服を探したり、私が気に入ったものを見つけたり、
二人で何度も、行ったり来たりしたね。
威勢のいい、声が飛び交っていた。  大将まいどおおきに。
今はもう跡形もない、商人の集う街。

最後に立ち寄る呉服問屋で集まった大きな荷物を、父は肩に背負って、私はその背中を見ながら
車まで戻ったこと。
レストランや、お寿司屋さんに寄って食べたお昼が嬉しかったこと。
たくさんの品物と一緒に帰り着いたこと。

もっともっと、昔のことも。
クリスマスイブにお客さんのところにプレゼントの人形を配達したことや、
年末の売り出しの前に、新聞に折り込むチラシの原稿をつくって、インクの臭いの染み付いた印刷屋さんに持って行ったことや、

飼い犬のチロが私に噛みついた時、鎖で思い切り犬を殴った父。
今も残る、右人差し指の引き攣れた傷をなでてみる。

あの時一瞬垣間見た、咄嗟に見せた父の表情をなぞってみる。
私を、守ろうとしてみせた、たった一度の修羅の顔。


父がふざけて、ダムに掛かる橋の手摺の上を歩き出して、冷や冷やした私が本気で怒ってしまったこと。

湧き出してくるすべての思い出が、かなしくてかなしくて、しかたがなくなってしまった。
ほとんどのことが、もう父とは一緒にできないことだった。



私が調子に乗って、お酒を飲んで酔っ払って、詩を朗読したり、(素晴らしい名前をつけてくれてありがとう~)とか、(美しく生まれて幸せです~お父さんのお陰です~)とか、踊ってるのをみて

今日は何って日や。。。って笑ってくれたね。


産後、体調が戻らずに、途方に暮れて電話をした時も、直ぐに来てくれたね。
米袋に入れた砂を何袋も車に積み込んで。
やんちゃ盛りで、元気いっぱいの息子のために、庭に砂場をこしらえたりして
何日か、遊んですごしてくれたね。

返事ができないくらい疲れてた私に、どこが悪いかちゃんと調べたのか?って、なんども聞く夫に
「えらいもんは、えらいんや。」って言ってくれた父。


だから、私もお父さんを助けたいよ。




体の自由がきかなくなるって、しんどいね。
それを受け入れて、毎日をすごすって、しんどいね。

初体験だね。お父さん。
途方に暮れるよね。


お父さん。すべてが生きていること、感じるよ。
お父さんが生きていることも。
私が生きていることも。
子供が生きていることも。
草木が生きていることも。
通り過ぎた日々が生きていることも。
新しくめぐる季節が生きていることも。


生きとしいきるものすべてが、喜びと悲しみのなかでひしめいている。
私と共に、生きている。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.03.14 18:34 | | # [edit]
んっとね・・さおる。さん。
言葉が出てこないよ(´;ω;`)

義母の介護に携わるまでは・・薄っぺらな言葉を並べていたのかもしれないですが、
今となっては・・どんな言葉もかけられない。
不思議なものですね。
経験は 人を豊かにすると思っていたのに・・。

ただ、今思えることは
子供の頃に親から受けた愛情を、子供を見るかのように親に返す。
これも間違ってはいないんじゃないかな? ということです。

お父様の一番欲しいものは、さおる。さんの笑顔。
お父様の一番見たくないものは、さおる。さんの泣き顔。
きっと、昔のまま・・あの頃のまま。

さおる。さんには わかってる。
きっと 大丈夫。 うん。大丈夫。
2012.03.14 19:51 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
実家のある場所も、静かなもんですよ。
私のうちも、両親だけ。
ほとんどの店も店終いしてしまい、子供の姿も笑声も消えました。
私たちが子供の頃は、賑やかだったね。
これからは、なるべく実家に帰ろうと思っています。
父の声をきき、自転車に乗って、自然の声を聞きに。
へかもおいでよ。
いつでも待ち構えているよ。
母もだいかんげいですよ。(^-^)/
2012.03.14 23:03 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ。
そうなんです。
入れ替わってしまったみたい。
お父さんどうしてるかな。眠ってるから、そうっとしとこ。
なんて、話していると、たぶん私が掛けられてきた言葉そのものなんでしょうね。
人の歩く道を歩いているんだなってかんじます。

私が受け取ってきた愛情を、今度は返す。
そうですね。
そうできたら、いちばん喜んでくれますね。
飛び抜けたことはいらなくて、
穏やかな、心静かな日々が、送れたらっておもいます。
父を見ていて、今年の桜も
永遠ではないことを、限りがあるからこそ美しいってことを
思い知らされます。
kaminomoribitoさんのようにはいきませんが、
寄り添えたらとおもいます。

いつもありがとう~v-421
2012.03.14 23:24 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
お父さんハンサムですね。
女の子のお父さんって優しさが細やかだなっていつも感じます。
さおるさんもそう感じませんか?
いつも元気出せョ、気楽にしろョ、笑ってって伝わってきます。
よそのお父さんなのに。
きっとそうやって周りの女の人を励ますことで、
ご自分の娘さんもどこにいても誰かに守られますようにって、そう祈っているのかもしれないね。

私は自分の子供に「ありがとう」って言われるより「大好き」って言ってもらう方が嬉しいの。
だから、お父さん大好きって言ってあげてくださいね。
きっと嬉しく思って下さるんじゃないでしょうか。美人に言われるんだし!!

2012.03.15 21:18 | URL | 手帳より #JyN/eAqk [edit]
さおるさん。
なんてすてきなお父さまなんでしょう。
しっかりとかみしめた顎の、意志の強そうなライン。
広い、白い額と豊かな髪。
高い鼻梁。そしてお眼鏡の蔭になっているけれど、きっときっと
ものすごく優しそうで、でもいたずらっぽくきらきら光る眼。

こんなお父さまのもとでお育ちになったのね。
お母さまはすてきな方だって、ブログ上で存じ上げていたけれど、
お父さま、初登場♪
仲のいいすてきなご両親でいらっしゃるのでしょうね。

美しい少女のさおるさん。
お父さまにとってどれほど自慢の娘でいらっしゃるでしょう。
すてきすてき。
ああ、いいなあ。

お父さま、大事にして差し上げて下さいね。
きっと、さおるさんの手は、魔法の手、と言う気がします。
あなたの手は、強く、そして優しい。愛する者の痛いところ、
つらいところがわかる手よ。
そっと背中に置かれただけで、温かさと優しさとオーラが
伝わってくる手!^^
熱を持っている時ならば、熱をさましてくれる、ひんやりとした手。

生きとし生けるもの…さおるさんの豊かな母性、女性性、女神性は
ほんと、すべての命をその美しい肢体の中に包み込んで
なお、すらりと涼しげね。^^

2012.03.15 23:26 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
こんばんはv-280手帳さん♫
この写真は、父がまだ若かった頃。結婚する前だと思います。
物静かで、言葉が少ない父です。
意見された事も、怒られたことも思い出せません。
何気ない、会話の中の言葉がのこるのです。
小さな暗澹や、喜びが伝わってきます。

お父さんにありがとうは言っても大好きと言ったことはないなー。
最近、すぐにしんどくなって、日向ぼっこたりして横たわってる父に
くっ付いているので、好きだってことは伝わっていると思います。
私がだいぶ前にあげたシンビジュウム。
今年もりっぱな蕾をつけていました。
私にも、父の気持ちが伝わってきました。

真珠の指輪を初めてかったので、手帳さんに見せたかったあるよ。
艶消し透かし彫りの台が、アンティークぽくて、何気ないでしょ。
2012.03.15 23:52 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
いつも温かいお言葉をありがとうございます。
私の手にそんな力が宿っていたら…って切実にかんじます。

父が時々どうしようもなくなって、白旗をあげるので、(私が助ける!!)と飛びついて、マッサージをしました。
私に力がなくても、私の何処かがなにか全能の力、神の
ような存在に繋がらないものか…と祈ります。
そしたら、お父さんを助けてあげれるのに。

そう強く願い続けた後には帰ってから、母から驚きの報告があるのです。
今日も、日に何度もあった発作が全く起きてない。
と、嬉しそうに
電話がありました。
人がいかに精神の生き物であるかをおもいます。

自分の親に対して、愛って言葉使ったことなかったけれど
命が透けて見える時、切ないな、いとおしいなって感じるこの思い。
愛なんだな。

2012.03.16 01:41 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
すごく良い写真ですね。
さおる。さんのお父さんの人柄が写真から伝わってくる気がします。

表現がいいかは分からないけど、人生ってゲームだなあって思います。
その時々で自分に課せられた課題に取り組む。
自分に与えられた役割を果たしてゆく。

自分の気に入ったところで人生が止まっていてくれることなんてない。
常に移り変わってゆく。

そんな人生のゲームをどれだけ本気で真剣にやるか、なんだろうなあ。


母が事故に遭って、頭の中がグルグルとネガティブなことを考えがちになるけど、元に戻ることなんてありえないし、ただ自分に出来ることをやることだけなんだなあって、自分に言い聞かせてます。
2012.03.18 11:26 | URL | kazu #JyN/eAqk [edit]
大きな声で、わかり易く、そして、やさしく
自分ができること
愛情を掛けてくれた事のない想い、分からなくてもできること

父が求めていることは・・・
温もり
母が求めていることは・・・
やさしさ

失禁し、ごめんね。ごめんね。
誤らなくともいいんだよ。
誰にでも間違いはあるのだから、
心からの感謝の言葉を戴く・・・

いいんだよ。
誤らなくて・・・

僕だってオギャーと生まれ分けも分からず
感謝の気持ちも、感謝の言葉もなくとも
みんなしてきてくれた愛情が、ソコにあったことを

物心ついたときの記憶だけがソコにあって
感謝をしてこなかった。

なんてつまらなき「自分」
なんてちっぽけな「自分」
なんて心狭き「自分」

去年、やっと親に対する気持ちが
こどもを通して分かったように思える

小さな心。


さおる。さん。なら大丈夫だよ。
きっと大丈夫。

人に優しいもん。
2012.03.18 11:33 | URL | はくいきしろ~い #JyN/eAqk [edit]
いらっしゃいませ。
お母様、事故に合われたのですね。
ご心痛のことと思います。
どうか、春の日差しと共に、恢復されていかれますように。
花が咲く頃には、きれいだなって心にとめられますように。

やるべきことをやる。
私も、そう思っています。
巡ってくる事象って、何処かから、ふってくるのです。
いいことも。わるいことも。
禅の言葉で言えば、作務。
目の前にあるやるべきことを、その行為にだけ心を置いて
行うこと。
私は、kazuさんのようにはいかないので、仕切り直しです。
kazuさんの文章を拝見していて、食事ひとつ、整頓ひとつ、種まきひとつとっても
心を注いでおられることが、よーくわかって、暮らしを、一日を
大切にしておられるんだなーって、尊敬してしまいます。

大きな不幸が訪れると、簡単には受け止められるはずはありませんが、
双葉がひらくのに向き合う気持ち、美味しいソースを作るのと同じ気持ち
をもって、淡々とむかっていく、こなしていくしかないのかもしれません。

じっと向き合った時、じぶんの中だけに生きて行くという意味を見つけることができるとおもいます。
そして時の流れは、そうして生きている人に必ず新しい展開をみせてくれるのです。

人生って、どこでゲームセットが訪れるかわからない、不条理なものですね。
だからこそ、輝いた瞬間が素晴らしいのだと思います。
誰であっても思うようには結べない。
言葉はわるいですが、手をのばしたまま
野垂れ死にできたら、最高だと思っています。

私も、kazuさんとおなじ今日を 勇気を持っていきたいです。
2012.03.18 13:09 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
一年が巡りましたね。
そしてはくさんは、ここにいる。
今日は、感動の涙が零れないように、歯を食いしばって。
時間は時に残酷。そして時に優しい。
誰にも解決できないことも、時間だけがゆるやかに教えてくれる。

はくさんが、こうして言葉をくださるのも、お年寄りに優しく接することができるのも、考えることもなく、抱き締められた記憶を何処かに刻み込まれているから。
たくさんの、思い出せない記憶が、いつでも人を抱きしめているから。

そして、その思いをいま受け取る人がいる。
はくさんを涙ぐませるひとがいる。

人の体は70パーセント近く、水でできているのだから仕方ない。
涙は、自然に湧いてくるし、
零れ落ちたっていいんじゃない。

いつだって、海の底にいるように、涙の角膜を通して世界を見つめよう。
はくさんだったら、いつだって、きれいなものを見つけられるよ。
2012.03.18 13:32 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
さおるさんとお父様の思い出を読んでいて、
私の父との思い出も、うわーと押し寄せてきました
あんなことやこんなこと・・・
ちょっと泣いちゃった

優しい優しいさおるさん
さおるさんのマッサージは、どんなお薬よりも、効き目があるのでしょうね
わるいな。と言いながら、目を閉じて、気持ち良さそうにしているお父様が私にも見えるようです

私の父は、晩年、激しい黄疸と全身の痒みに苦しみました
手の届かない背中を掻いてあげてる間だけ、痒みが心地よさに変わるみたいで
いつまでたっても、「もう、いいよ」って言わないの
疲れ果てた私が、「もうやめてもいいかなぁ?」って言うまで、
父からは 決して言ってくれないの

もっと掻いてあげればよかった
やめてもいいか?なんて言わなきゃよかった


さおるさんの手、きれいですね
とってもきれいですね
きれいで、優しい手
私もさおるさんのような手を持ちたいな

2012.03.18 17:47 | URL | Lily姫 #JyN/eAqk [edit]
こんばんわv-280lily姫さま。

お父様、なくされたのですね。寂しくなられましたね。
私たちの年代は、そろそろ親を看取る時代に突入したようです。
未だに、親に
甘えている私は、ほんとうに有難い身分だ思います。

私の父はパーキンソン病で、ゆっくりですが、進行は止むを得ないと
思っています。
前は、遠慮がちにさせてくれたマッサージも、この前は
日に三度、しても横たわってくれていました。
いても立ってもいられなくなって、白旗をあげるのです。

でも、介護をされている方の、大変さはここからなんだろうなって、思います。
終わりが見えない介護の中で、優しいばかりの手ではいられない気持ちにもなると思います。

lily姫さんのお父様も、喜んでおられたと思いますよ。
こうして、いまもlily姫さんが、お父様を偲ばれていることも。
ちゃんと、分かってて、見守ってくださっていると思います。

読んで下さってありがとうございます。
また、遊びに伺います(^_-)-☆
2012.03.19 00:10 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
さおるさん、こんにちは。

さおるさんって本当に清らかな方だね。

私の父は肺気腫。それでもタバコが止められない。
私は上手に言えないから、優しくできないから、娘として叱った。
今までうんと叱られたからいいよねと思いながら。

でもね、ほんとは優しくしてあげたい。
少しでも長い時間を一緒に過ごしていたい。

ちょっとさおるさんがうらやましいな。
私もそんな風になりたいな。
そしたら父ももっと寄り添ってくれるだろうに。
昨日よりは今日、なりたい自分になれるよう。
2012.03.21 15:31 | URL | spoon ride #JyN/eAqk [edit]
町の光景は時代とともに変わっていく又通る人も変わっていく。さおるさんはそう感じとっているのかな?
一瞬一瞬が過ぎていく一日が終わって明日が来る。今日よりも明日へと胸をふくらませて生きていかなければ。
2012.03.22 07:25 | URL | purotoko #- [edit]
こんばんわ。いらっしゃいませv-280
人の人生はいろんな局面があって、長い道のりなんですね。
父が弱って心配をする日がくるなんてね。
こっちが心配をさせるばかりだったのにね。

ご病気のお父様、心配ですね。
でも、叱られるのも愛情だって、きっと感じていらっしゃると思いますよ。
親子のあいだで、役割が逆転してるのに気付いて、はっとしたりしますが、
ああ、生きていくってこういうことねって感じます。

いくつになっても生き様を、たぶん死んで行くその日でも、姿をみせてくれるのが親なんだと思います。
もうすぐ咲く、今年の桜。
お父様と並んで見てくださいね。
わたしも、そうしたいと思っています。
2012.03.22 20:19 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
こんばんわ。purotokoさん。
私たちの生きる時代ってほんの少しを未来に繋げているのですね。
ここまで生きてきて、人は順番に死んで行くこと。
すべては移り変わること。
そして、今日という日をつみかさねて、人生ができていくことを感じます。
いくつになっても、人は新しい場面を生きて行くのですね。
今日という一日。またやってくる一日。
大切にしていきたいですね。
2012.03.22 20:36 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]
さおるさん、こんばんは^^

誠実な素敵なお父様ですね。世の中には、様々なタイプの父親がいます。
その一つ一つを想像して自分のことのように心に入れることが修養です。

お釈迦様は、生老病死から来る悲しみや喜びから離れて或いは捨てて
自らの心や魂を救済することを説きましたが、宗教は建設的な社会を
生み出すことは出来ません。心を耕してくれる家族もいつかは独りで
旅立ちます。誠実な男性は家族を愛しながらも、世の中をよくしたい
と思うものです。お父様の生きた重みを、さおるさんの息子さんたち
が受け止めてくれることが“精神のリレー”に繋がるのだと思います。

生きている人間に受け継がれるもの・・・愛と希望^^
2012.03.26 20:38 | URL | はなさかすーさん #dSgqtt7g [edit]
こんばんわ。
精神のリレー。私はうまくバトンを渡せたのでしょうか…。
これからの息子の姿にそれは現れるのでしょうね。 くわばらくわばら。
親があたえてくれた愛情。今は感じる事ができますが
育つ過程では、あって当たり前のものと思っていました。
我が子を見ててもその通りです。
不足の思いはしても、与えられることへの感謝がありませんでした。
それでも、親は子を、無条件に愛するんですね。
子が育ち、親が死ぬ。
その一環の大きな流れのなかで、
人は生きることを学んで行くのですね。
親の命が見えた時、初めて私が感じる事、たぶん息子も同じように感じるのだと思います。
愛と希望。受け継いで行きたいです。

2012.03.27 00:39 | URL | さおる #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/154-500dfff3

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。