Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中は色彩に満ちて

Posted by さおる。 on 17.2011 日常 8 comments 0 trackback

今年の夏に見たもの。

夏の頂点までやってまいりました。

ここにきて 思うのは・・・・

世の中は ・・・・



CA3G0723.jpg
人並みに野菜を作ってみました。




110817_1357~01
奇跡のレモンはしっかりと実っています。




朝顔藍-1
午前5時の朝顔は、藍。





緑の淵-1
川の水は なぜかヒスイ色。




110813_1615~01
生け捕られしもの。こいのこ。




ヨーヨー-1
子供のころ。浅くって短かった宵時。




作品集-2
本画にしたものをまとめてみた。23枚あった。





CA3G0722.jpg
鶏頭の赤に惹かれて、たぶん、また描き重ねてしまう。





さるすべりひゆ-1
サルスベリヒユは白もまたいい。





ヒャクニチソウ-1
ぱち。ぱち。ぱち。  って咲いててかわいいね。




おちゃ-2
合間を見つけてたまにはお茶。





世の中は・・・・色彩にあふれている。

一瞬抱きとめればいい。

まぶしすぎて、美しすぎて、

絵の具をばら撒いたようなこの世界。





こんにちはです。

自然の創り出す色には すべてに意味があるらしいですね。

ウンチク・コウシャクで作られた意味なんてどうでもよくて・・
目にした時の想いがそのままの意味でいい。

色を操ることを愉しむ手がここにあることが有り難いです(^_-)-☆
2011.08.17 20:08 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
さおるさんが呼んでらっしゃる気がしたから、来てみたの~。

そしたら、綺麗なものがいっぱい!
ああ、さおるさんのこのお部屋で、私もいい夏を過ごさせて
いただいたんだなって、あらためて思いました。
私ひとりではきっと味わえなかった、鮮やかな色彩に満ちた夏。
さおるさんのまわりにはなんだか魔法の時間が流れている気がする。
同じものが、くっきり見えるの。
同じ色が鮮やかに見えるの。
時がゆっくり流れていくの。
普通の人が目にとめないことも、とっても愉快な出来事になっちゃうの。

ああ。きれい…
どれもとってもきれい…

羽化しつつある少年の姿も、羽化をとげた青年の笑顔も、
そして、さおるさんの絵!
ああ、肌のいろが綺麗。
いつもね、『いのちが透けて見えるようだ…』
さおるさんの描く裸婦像や花が大好き。
あなたのほとばしる情熱が、魂が、絵の具の層に。
いつも見せていただくと、涙が出そうになる…。

ね。絵を描くってすごいことよね。
ただ上手だから絵を描く…そんな絵はいくらでもある。
でも、絵に魂をこめるってことは、それとは全く違う。
発してるパワーが違ってるの。
あなたの絵を見てるとね、全身が奮い立つのよ!(笑)
『女の覚悟』のすごさを感じるの。
絵だけでなく、貴女からは、いつもそれを感じる。


さおるさん。ありがとう。
なんて言って感謝していいかわかりません。
あなたがどんなにか、丁重に扱ってくださってるか…
赤の画集に紅玉の指輪…

綺麗ねえ。みんな綺麗。
赤も白も藍もヒスイ色も…みんなみんな綺麗。
そして。いのちってみんな綺麗。
2011.08.17 22:20 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
ありがとうございます。
夏は 特別に色彩が騒ぎ出しますね☆

透明のはずの水滴が翡翠の淵になったり コバルト色の土砂降りになったり

大気は熱で赤く染まります。
原色が織りなす世界。
この庭の一角にも見ることができます。

2011.08.17 23:53 | URL | さおる。 #- [edit]
こうして見ると、生きている色ってすごいですよね。
私は昔からアースカラーが大好きで、あまり色を持ちこまない人だけれど、
夏のほどばしる光の反射は大好き!!
どこまでも沈んでいきそうなヒスイ色の川や、夏の光と同じサルスベリヒユの強烈な白、さおるさんのレースがかかった白濁の原色が目に焼き付いているよ!
失って初めて分かる素晴らしさにならぬよう、まず手元から見つめていきましょうね。
2011.08.18 10:09 | URL | spoon ride #JyN/eAqk [edit]
ありがとうございます。
私のほうこそ、そんな心で絵や、このブログをごらんになって頂いていること
嬉しさで一杯になりました。
嬉しくってにじんでくる涙って、何色なのかな・・・。

芽生さんの本は、見て好し、抱えて好し。でお気に入りです。

この本を迎えに行った日は、真紅のブラウスに、黒のパンツだったから
行きつけの喫茶店で友人と待ち合わせたのだけど

マスターは私のいでたちに合わせて、ウエッジウッドの黒のコーヒーカップを用意してくれました。
ときたま、100万円はくだらない、作家もののカップも出してくださいます・・・。
コーヒーは450円なのに・・・。

おかげさまで、あわただしさに紛れている私の日常から、しばし離れて優雅な時間がすごせました。
友人は、画集に心奪われ、珍しく会話がありませんでしたが・・・。
また、改めて本をお貸しするということで、とえりあえず取り返して帰りました。


彼岸花さんに言葉を頂いて、またやる気が沸いてきました。
もゆるに 鶏頭をドレスのようにまとわせたら
息子二人を150センチの縦長のパネルに描こうと思っています。

この夏を刻み込もうと思います。
2011.08.18 12:33 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
こんにちわ。いらっしゃいませv-238

今年は色が 目に沁みるのよ。

ひまわりを見て、悲し。

青田を見て、悲し。

お野菜を見ても、川に色を見ても、悲しい。

でも、でも、でも

うつくしいんだよ。

すべてが、

いつか消えていく、この世界。

私が目でとらえられる、この世界のすべて。

命が、みえるんだ。

悲しく、鮮やかに、輝いて、存在しているんだ。
2011.08.18 12:40 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]
鶏頭をドレスのようにまとわせる…
すてきですねえ…
わたし、鶏頭も百合も大好き。
鶏頭はその季節には必ず一度は飾ります。
そしてそれから。ご子息様お二人の肖像画。
それいい、いい!
お母さまが描いてくれるなんて、なんて幸せなの?!
美しい絵が出来るだろうなあ…
きっとせつないくらい美しい絵になる。

いいなあ…
2011.08.22 20:31 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
わ~。きてくださったんだ。 うれしいな!!!
嫌がる息子を、なんとか写真には収めました。
さあ。  どんな絵になるのでしょうか・・・。

斜めに構えた長男ををバックに、正面を見据えた次男のまっすぐな
瞳をダブらせて 確かなものは何もない、彼らのただひとつづつ抱える命を
えがけたら・・・と思います。

彼岸花さんの存在を、いつも感じながら、次は秋の彩を探します。
2011.08.22 23:18 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/135-f9eed45a

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。