Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化

Posted by さおる。 on 07.2011 日常 6 comments 0 trackback
羽化1


生まれいづる姿。  今までの自分から、新しい自分へ。




DSCF2779-2.jpg



そんな風に笑う人になったんだ。

ばかばかしいくらいまっすぐに。
ただただ、笑うために、わらってるんだね。




家族で、ご飯を食べに行った。
そこのドリンクバーの一角に、綿菓子のコーナーがあって、やはり息子は綿菓子を作りに行った。

なんか、いやな予感がした。

綿菓子の機械のほうから がががが・・・・と調子が悪そうな音。
スプーン一杯とかいてあっても、2杯入れるようなでたらめさがある。

なんとか、調子をとりもどしたのか、形のいい綿菓子をこしらえて戻ってきた。


「あなたね・・・。 綿菓子の機械こわさないでよ。 ちびっ子がまってるんだから・・・。本当に何でもかんでも壊すんだから。 自転車に、携帯電話に、部屋の壁に、ドア・・・あ、これは私が壊したんだたっけ・・・。  ほんとに、ひやひやするんだから・・・・。」

私が、小言を言っている間に、後ろの席に座っていたちびっ子が、綿菓子を作り始めた様子が見えた。

が、が、ががが・・・。
 
調子わるそうだし・・・。(心配)

「うまくできないよ~。 こんなのいやだよ・・・・」
って、声がして、彼が持ち帰った綿菓子は、割り箸に、かすかに気持ち、綿あめがこびりついた程度のなさけない しろものだった・・・。

そう、たとえるなら、  大型の綿棒。

ぶぶぶ・・・・・

そこで、お茶とともに、派手に吹き出した息子。



 
「あなたね。  あなたのせいだよ、たぶん。   かわいそうに・・・。土下座してあやまってらっしゃい。
ふんとにもぉ・・・・・怒。」

ぐぐぐぐ・・・

息子はなんとか笑いをこらえている・・・・。





「おばあちゃん・・・一緒につくってよ。こんなのいやだよ~泣。」

泣きが入って、後ろのちびっ子は、再度挑戦にむかった。

心配。心配。

・・・そして、持ち帰った綿菓子は・・・・・、春風に吹かれた浮雲のような、情けない、こころもとない感じの
へんな形の、小さなものだった。。。。。

たとえるとしたら、温水氏の前髪のような・・・。



ついに息子は、笑い出した。
床に寝そべって、天に向かって、

ははははは・・・・・・
と、はっきりとした発声で。


彼の笑いは止まらなかった。
ははははは・・・
まるで、歌うように。  口角をしっかりとあげたまま。前歯を全部見せたまま。

突き抜けるように笑っていた。





わたしは。。。わたしは。あっけにとられて、ただ見とれていた。

人って、こんな風に笑うんだって。

こんな小さなことがきっかけで、何もかもすべてが、をかしみを持って迫ってきたのだろう。

生きてることって滑稽だもんね。そして、生きてることって楽しいもんね。

また、息子は私の前で、変貌を遂げたようだ。


こんな風に笑える人って、いないよ。  周りの目も気にしず。





ひとしきり笑って落ち着いた頃、
ちびっ子は、3回目の挑戦で、きれいな形のすばらしい綿菓子を手に戻ってきた。




羽化

こんにちはです。

羨ましい・・。
 
『人目をはばからず笑う』ことの出来ない自分が嫌いです。
2011.08.07 12:52 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
さおるさん、わたしも読みながら爆笑しちゃいましたよ。

むすこさん、いいですねえ!
わたし、こういう笑いの感覚大好きなんです。

なんということもない普通の生活風景。
でも、そこにときどき、笑いのドツボにはまってしまうような、
可笑しなことがある。
不思議なことにね、笑いのセンスって、人によって激しく違うでしょう?
いくら好きでも、笑いどころの違う人とは長続きしませんね。
面白いくらい、笑いの感覚の違う人っているもんですよね。
そんなことがあると、またそれがおかしくって仕方なくなる…。

息子さん。見事に羽化なさったんですね。
なんとまあ、…痛いほど美しい青年におなりですね。
そして、そんな笑いのセンスをお持ちでいられる。(笑)
いいなあ。いいですよ、この記事!!!

2011.08.07 22:15 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
こんばんは☆~☆☆
息子はちょっと前までやたらに斜に構え てましたが そういうのも馬鹿らしくなったようです。
見てる方は呆気にとられますが まあ 本来の姿なんでしょうね。
永遠の三枚目です∞
2011.08.08 00:07 | URL | さおる。 #- [edit]
笑っていただけましたか♪♪
あ~よかったぁ~ 。
別段 あんなに笑うほどのことかという些細な出来事でしたが
まさにツボにハマった ようでした。

ひとしきり笑わなくては気がすまない感じで…。

かくいう私も 懐かしい友人に さおるの豪快な笑いが忘れられない… と言われたりします。

やっぱり 笑いの琴線に触れると駄目ですね…。

ユーモアセンスは無いですが 笑わせるというより いつも笑われてしまうほうです。
2011.08.08 00:23 | URL | さおる。 #- [edit]
壊しても良いから、もとに戻させる習慣をつけさせた方が良いです。
そうすれば、むやみやたらに壊さなくなるのでは?
2011.08.11 01:14 | URL | purotoko #- [edit]
いらっしゃいませ☆ そうなんですよね~。
でも修理には出しますが、自分で直せない物ばかりなんです(∋_∈)

物を大切にしてほしいです。
2011.08.11 06:35 | URL | さおる。 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/133-08e1165e

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。