Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月に思う。

Posted by さおる。 on 19.2011 日常 6 comments 0 trackback
あこがれ
あこがれ  スケッチブック




 こころを、ぐっと、もっていかれる色がある。


もう、4年前。
家の前のとおりを挟んだ、家の庭に、真っ赤なゆりが咲いていた。
ちょうどこの季節。

西日が、ひなやかに、すべてを浮かび上がらせる、とくべつな時間の中で、この緋色に目を奪われた。

はじめてだったかもしれない。どうしても描きたいと思ったもの。


当分 たちすくんだまま、このしべまで真っ赤なゆりに魅入っていた。



次の日に、思い切ってベルを鳴らした。

「すみません。絵にしたいので、一輪、ゆりをください。」

お庭をこよなく愛される、ご婦人は、一輪切り取ってくださって、年の暮れには、球根を分けてくださった。


出来上がった本画を、しばらく家に飾ってもくださった。



そのおなじ花が、あれから毎年、庭に咲く。

6月の雨にもにじまない、赤いゆり。




赤いゆり



庭の片隅に、直径20センチもありそうな、アマリリスが咲く。

でも、どうして、ここにアマリリスが咲いているのか、思い出せない。

アケビや、すいかずらは、鳥の仕業でやってきたけど、  アマリリスの球根を植えた覚えがないのだ。




アマリリスには、特別な思い出があって・・・あまり思い出したくないことなんだけど・・。

次男は、私について回る、いつでも女の子に間違えられるかわいい子で、中3になった今でも、素直ないい子だと疑ったことはないのだけれど、まわりの評判は、ちょっと違う・・・。


「あの子のまねだけはするな。」とまわりの、大人は子供に言い聞かせていたらしい。

次男が幼稚園の年少だったころ、担任の先生から「いぶくんが、問題行動をおこしまして・・・。」
と、電話があった。
あわてて、飛んでいくと、園長先生が手塩にかけて育てた、いくつもの鉢に仕立てられたアマリリスを

今、咲きます、とつぼみが膨らみきったところで、  全部、丁寧に花を折ってしまったらしい。


花束を持って、園長先生に、改めてお詫びに伺った私たちに、とても、やさしく諭してくださった。



今朝、テスト勉強のため、徹夜明けの、次男は、アマリリスをみて「わ~。きれいだね。 僕が拾ってきて植えたんだよ。お母さんと一緒に。覚えてないの?」と言った。

・・・・・ひっこぬくだけじゃなくて、植えたりもしたよね。 



この小さな庭で、いろんなことをおぼえたんだよね。 


アマリリス





紫陽花がたくさん咲く。
やっぱり、青い紫陽花がすきだな。



雨の色に似てるから。


今年は、紫陽花がたくさん咲いて、一番の台風で、レモンの花が落ちてしまった年。

でも、あげは蝶の幼虫には、幸せな年。

レモンの木は、あげは蝶に明け渡したから。





レモンの木には、あげは蝶の幼虫が、むくむくとふとって、

その上の、屋根の下には、ツバメの子がむくむくと太って、

この屋根のしたでも、わが子が、めきめきと手足を伸ばしてゆく。



雨を浴びながら、  雨をしのぎながら、生き物は大きく成長するんだな。





あじさい




私が住む高台から、階段を153下がったところに、蛍がでます。
もう、遅いかなと思いながら出かけたら、たくさんの蛍が舞っていました。

蛍は蒸し暑い梅雨の晴れ間が大好きです。

ほたる


ほたる2


ーーーさおる。園芸一口メモーーー


   皆さん、ナメクジを、腹立たしく思われていませんか?
   わたしはピンポイントで塩をまいていましたが、今晩、グットアイデアを
   思いつき、実行しました
   海水くらいの濃度の塩水を作っておいて、直接ナメクジにかけます。
   ナメクジは尾っぽを巻いて、とけさりました。

   これからは、塩スプレーを手に持った私を見たら、すぐさま逃げ出すでしょう・・・。
   ふふふふ・・・。

    おためしあれ

さおるさん、こんばんは^^

赤い花   蛍   紫陽花   子どもの悪戯

どれもいいですね。6月の雨は、親子の関係を新しくつくれる季節。

日本中の親が、子どもと向き合って、楽しい時間を過ごせたらいいな。

こちらは、標高400m。蛍はまだですが、もうすぐ宙を舞います^^
2011.06.20 21:41 | URL | はなさかすーさん #dSgqtt7g [edit]
こんにちはです。

子供ってひたすら真っ直ぐで・・。
花も・虫も・鳥たちも・・ただひたすらまっすぐで・・。

そのまま生きていけたなら・・今もそう思う。

自然の中の生きものたちは、その摂理の中で生き、
人は・・人の道理の中で生きていく。

もっと強くならなきゃなぁ・・
ホントはいっぱい甘えたいんだけど(*´∀`*)
2011.06.20 23:03 | URL | kaminomoribito #JyN/eAqk [edit]
コメントありがとうございます。

そちらでは、雪は早く来て、蛍はゆっくりやってくるのですね。

6月は、生き物がぐんぐん成長する季節ですね。
雨があがって庭にでると、揚羽蝶がうれしそうに周りをとびかいます。

百合にとまったところを、そっと羽を触っても逃げないのです。

もう、この庭の一員とわかっているようです。

こうして、梅雨を通り越して夏が来ると、ザワッザワっと夏草も騒ぎ立てます。

当たり前にやってくる日本の四季が、どんなに、うつくしく、かけがえのないものなのか

細かな雨を浴びながら、身にしみて感じます。
2011.06.21 11:40 | URL | さおる。 #- [edit]
こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

植物も人も与えられた場所で、枝を広げ根を張って、いきているのですね。

この家に来た、鳥も花も、子供も、私の手の近くで大きくなりました。

人は、2本の手と、2本の足。

その財産によって、自分の世界を作ることができる。

草木は、与えられた場所を動かないで、自分を全うさせようとする。

。。。しっかり見守って、育ててあげたいです。  kaminomoribitoさんを見習って~~v-254
2011.06.21 11:50 | URL | さおる。 #- [edit]
階段を153段下って…
こういうところが、さおるさんの素敵なところだなあ…!(笑)
いいなあ、こういう感覚。

なんていうんだろう……vividなんですよ。

感覚が鋭敏、という言葉でも置き換えられないな、え~と…
感覚に、『実(じつ)』があるの。
生きた言葉なの。

さおるさんのそういうところが、元気をくれる。
ただ『がんばろ~』じゃないのよね。
こちらの身の中にある、『性根』をね、ぐっとつかんでくれるような
気がするの。

心配かけてるんだろうな~。
でも、大丈夫ですよ。書きたいことがたくさんあとからあとから出てきて、
言葉が追いついていかないだけなの。

赤いユリもアマリリスも見事ですねえ。
私ね、今年は、我が家の狭い庭を、ユリでいっぱいにしようと
去年思ってたんだけど、まあ、あんなことがあったあとで
気持ちが落ち着かず。来年はそうしたいな。

来年…日本が少しよくなってるといいですねえ。
さおるさん。ありがとう~。

さおるの箱舟。私も連れてってね(笑)。
2011.06.21 16:26 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [edit]
こんばんわ。

もう、一年もブログを続けていると、タイトルが、あれ?去年と一緒??

…な~んて、私の綴っていることは、平凡なこと、目のまえに見えていることだけですね・・。


本当はみんなが彼岸花さんのようでなくては、いけないと思います。
政治家の発言が、今後の日本の行く末、未来の舵をとるものであれば、
その一言、一言に、耳を傾けて議論?井戸端会議するべきですね。

…管さんに、彼岸花さんの声、聞かせてあげたいと思いますv-237v-237(管さん、残念。のくだり)

彼岸花さんの来年の庭には、どんな百合が咲き乱れることでしょう・・。
今日は、鉄砲ユリが咲きました。
一番好きな百合です。

絵も描き始めました。
私に何が描けるのだろう・・・って。

それは、震災以前と変わらない問いかけです。
この命を燃やすこと。

私がここにいるということ。




2011.06.21 23:37 | URL | さおる。 #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://saoru420.blog130.fc2.com/tb.php/123-aa3a1e2d

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。