Loading…
 

太陽と水の狭間で

Posted by さおる。 on 05.2016 絵画 7 comments 0 trackback

201607051404133eb.jpeg







今年の夏は郡上八幡で絵画と詩の展覧をさせていただくこととなりました。

テーマを 太陽と水の狭間で

と名付けました。
太陽と水の間で行きつ戻りつ揺られ続けて私たちの命の元は地球に誕生したから。

何かの化学反応が、水と熱の狭間で命を芽生えさせたから。

思いも及ばない遠い場所を見つめてみて。
その同じ場所で。 ひとは今も命を続けているから。

太陽と水の狭間で。


地上をうっすらと覆うオゾン層 の中で。
こうして今 息づいている。





絵と言葉を展示させていただくのは3回目になります。
全て この土地で。
私を育んだ郡上の地で。

心に染み渡み渡るのです。ここに立って自分を広げてみて。
その空間を体感してくださる方のあたたかさが。



絵を展示すること。しいては絵を描くこと。
その理由をずっと考えていた。

そしてごめんなさい。理由は 無いのでした。

理由を付けるとしたら、それはーわたしが生きているということです。




この川の流れにほとりに絵と言葉を開いてご覧いただくという事は、私の命のここまでの繋がりをご覧いただくということです。

そして、それが私がしたかった事です。

一枚一枚 絵は自分の為に生まれてきたものです。そして言葉はあなたの為に生まれてきたものです。

全ては太陽と水の狭間で 巻き起こった出来事 なのです。


水は巡って。全ては流れ去りこの世界は移り行きます。

太陽の下で、吉田川の清流に染められながら、今年の 夏を過ごしたいと思います。






20160705132611560.jpeg
  

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR