Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイルの庭 徒然

Posted by さおる。 on 17.2016 未分類 4 comments 0 trackback
20160217061754c3c.jpeg





歌うたいはかなしいね。



ナイル川にファルーカを浮かべて 12才ほどの少年が
帆に風をうまく受けながら 舟を漕ぐ。


そして歌う。


哀しくて美しい旋律。



あのうたを聴かせて。

あのうたを聴かせてあげれたら あなたのこころが辛くなくなるかな。





サラバ を図書館で借りたのに、二週間でよみきれなかった。

物語はまるで自分がみてきた世界かのようで、
読んでも読まなくてもいいようなきがしてきた。

エジプシャンの少年たちはみんな笑顔で
動物園にいった私と夫になったばかりの人に

ゾロゾロとくっついて歩いた。
じゅう数人となったひとかたまりは、ガイドをすると申し出た男と私たちを筆頭に



ライオンの檻

かばの池

コブラの檻。。

を移動した。



動物園の柵は高かったけれど 笑う少年はそれを登ってはこちら側に
きて ちょっと恐怖を感じるほど増えていった。

ライオンを背負ったように檻の前に立つ私。
蛇を頭に乗せた私。
かばが大きく口をひらいて餌を恐る恐るあげている私の写真がある。

ガイドと称する若い男は差し出したコーラを飲みながら
嬉しそうで その他おおぜいもみんな
楽しくて相方ない風情で私たちを取り囲んでいた。

その草だらけの動物園で、一番珍しいのが東洋人の若い夫婦だった。





アブシンデル神殿はラムセス二世が建てたんだ。
ラムセス二世という本も二巻まで読んで並べたまま。


神殿のまえに広がる石灰石がキラキラと輝いて
その石はいつかエジプトに行きたいと言ったお友達にもあげたけれど

ほら。わたしの手のひらにのっているよ。




歌うたいは辛いだろうっておもう。

その歌を生んだのも、
その歌を歌うのも。




世界が水色になったんだ。
わたしには水色が似合うって手帳さんが言ってくれたけれど

いまはそこらっじゅうが水色に染まって。

わたしの持っている言葉であなたを慰められたらいいのに。
かなしい人が多すぎる。



ラクダに乗った私に、こえがかかる。
あっちから こっちから。


サラバじゃー。サラバじゃー。



あのサラバは、このサラバからきたのかな。
って思った。 そうなのかな。。
続きを読まないとわからないのです。




凹んだ心を香りが埋める。

ナイルの庭。は同じ心を持った友達とお揃い。


歌うたいはほんとかなしいね。





あなたの足を踏みたいな。


それ以上近づけなくても、
人って凸凹してて、それぞれカタチは違うから。

向き合っても重なりあえないkら。
私はあなたの足を踏むの。

向き合って誰かの足を踏んでごらん。一本の樹になれるんだよ。


私にはこんな言葉しかないんだ。





あの舟番の少年の歌を聴かせてあげたい。


私の胸に繰り返される旋律。
スポンサーサイト
  

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。