Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十六夜

Posted by さおる。 on 02.2015 絵画 17 comments 0 trackback

十六番目の月は躊躇うように出でて

まるで夜を知らぬかのように

皓々と闇夜をてらす。

不知夜月

いざよいの月。




知らぬ間に月は満ちて、今宵から欠けはじめていたのです。
16番目の月は、見る限り丸く。
ほんの一握りの哀しさだけが
紛れ込んだようにほの青く冴え渡っているのでした。

そしてわたしはため息をつく。
今宵かから欠けていくという運命に、深く安堵して。

いつでもその光の中に形を結んで。。


20150602101539de2.jpg
クリックすると全体が見れます

一年間筆を握らずにぼんやりしていましたが、ようやく一枚の絵がうまれました。
十六夜。 いざよい です。 よろしく。

今年も岐阜県美術展に入選しました。



6月6日から14日まで(月曜日は休館日です)

岐阜県美術館で展示されます。
お知らせまで。


20150810190335339.jpg



ドクダミの花を、あの人も挿していることだろうと思って家に飾りました。
心が、すっと静かになります。

スポンサーサイト
  

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。