Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by さおる。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝がらを買う

Posted by さおる。 on 23.2011 6 comments 0 trackback


白




 貝がらを買う

今日も男は見つめてる。
孤独を湛えた瞳の色で。

私を見送り、私を待ち続ける日常。
何の褒美もあげられないのに。

持てる言葉はすべて奪い取られ
 いつしか君は 囚われ人となった。

明日、君のために貝がらを買いに行こう。

梱包された過ちが、紐解かれし時、
君に手渡す 欲望の落とし子を。

放り出された 弓と弦とが出会う時。
君に手渡す 溜息の結晶を。

化石となった貝殻を手に 佇むであろう君を想い。



捨て犬のような瞳を両手で挟みこみ口づけだってしてあげる
いつかあなたが傷つかなければ・・・








これは100万年前に書いた詩です。

この言葉ではじまり、長いお話をしたためました。

妄想って、おそろしいですね・・・。くくく・・・。

「薔薇を植える」という、お話です。

根も葉もある嘘でできたお話です。

人は、その人が一日に考えていたもの、そのものであると、誰かが言っていましたが

であるならば、私は、どのようなものなのだろう・・・。





大好きな秋がやってきます。

みなさん、堂々と妄想に耽ろうではありませんか。。。。。




恋

スケッチブック 恋
  

プロフィール

さおる。

Author:さおる。
はじめまして。さおるです。絵を描き、詩を詠い、さまよい生きるものです。  
一人語りのような場所ですが、お付き合いよろしくお願いします。
コメントしてね♪

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。